So-net無料ブログ作成
検索選択

幼鳥、若鳥のテリトリー争い(後編) [カワセミ]

8/26午後、子供たちが学校のイベントで出かけてしまったので一人で観察に行きました。天候が良かったのでProminarで高解像度写真を狙ってみました。

IMGP1965_s
陽射しが強く幼鳥は日影にいる時間が長いです。この写真は、外に出てくれた時のものです

Prominarのピントリングは微動と粗動が選べるところが便利です。また、EFレンズと回転方向が同じことも助かります。飛ぶ方向に合わせて微動のリングを回転させてピントを合わせます。手摺を使って半手持ちで撮影しているのですが、私の背丈だと低くて疲れます。一脚等を上手く活用するともっと精度良く撮影出来ると思うので機材を考えたいと思います。

IMGP2001_s
IMGP2002_s
幼鳥の飛躍

IMGP2045_s
幼鳥のアップ(Prominarならではの描画)

IMGP2083_s

IMGP2108_s
上流から現れたイカル君

IMGP2111_s
上流から来た若鳥

IMGP2116_s
下流から来た若鳥

幼鳥、若鳥2羽、イカル君の計4羽に会うことが出来ました。この4羽テリトリーが被っています。例年、秋から冬にかけてテリトリー争いが本格するので、誰が残るのか?今後も注目していきたいと思います。

撮影機材は、PROMINAR500mmF5.6FL + TX07 + AF1.7x + K-5
すべての画像はクリックすると拡大します。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

EVERNOTEに記事がクリッピングされます

Clip to Evernote

タグ:カワセミ
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。